旧 ゆたかにすっきり暮らす

最新記事

そうだ、「伝え方が9割」を読もう  

"NO MUSIC NO LIFE "

"ん~っ不味い!もう一杯!"

"そうだ京都、行こう"

"24時間戦えますか。"

"きれいなお姉さんは好きですか"


line04.gif


どの会社のコピー広告かすぐわかるものを選んで

みました。(私と同じ年代くらいの方限定)


◆ 頭に残るコピーや歌詞

ことばの力を感じるときってどんな時ですか。

広告のコピーにつられてついついお菓子を買っちゃうとか。

「やめられない、とまらない。かっぱえびせん。」

ですもんね。

ココロも満タンに

とくれば、コスモ石油、だし。

広告のなかの音楽やゴロのいいコピーで頭に

残ることばって結構多いものです。


◆ ことばは作れる、らしい

博報堂に入社してコピーライターになり、今や「伝え方が9割」が

売れに売れている、佐々木圭一氏は、

本の中で、魅力的なことばをどのように「つくるか」、

その方法・技術を、本人曰く、「伝え方が下手だったから」

こそ、もがきながら体系化した、とあります。


「ことばをつくる」 というフレーズ。

それ自体、とっても魅力的なコピーじゃないですか!


コピーライターでもない、雑誌記者でもない

私ですら、こうやってブログを書いていると、伝え方の

難しさをひしひしと感じるし

できることなら、わかりやすく、思っていることを全て伝えたいもの

だなぁと思っているので、

この本は、いろんな示唆を与えてくれます。


◆ でも、必要なものは、、、

「強いコトバ」をつくる5つの技術。

どうすれば、相手からノーじゃなく、イエスの返事を

引き出すことができるか。

など、だれもが知りたいことばかり。


彼が「はじめに」で書いている文章を引用します。

私が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論を整理しました。この本は最短距離で、あなたのコトバ/伝え方を磨くためのガイドだと思ってください。



彼が試行錯誤して、苦労して、得た技術を本に書く。

でも、それを読むだけじゃ、やっぱりそれは、

ただ、佐々木圭一というすごいコピーライター

がいるんだ、こんな技術があるんだ、

以上、おわり、になってしまうんですよね。


今、ほんとに自分がどういうことに苦労してて

ことばを使ってどういうことがしたいのか。


例えば、仕事での部下との関係に悩んでいる、とか

妻や夫との会話がいつもなくて、とか

こどもに何を言っても反抗される、とか

きっと、そういう場面で、机上だけじゃなく、実際にことばの「伝え方」を

何度も試してみるってことが大事なのかな。


◆ 経験値はなくならない

知識は必要だけど、それ以上に必要なのは

自分自身の経験、失敗、そして

そこから苦労して学んで得た、

ひとのことばじゃなくて、じぶんのことば

じゃないのかなと思います。


ドラクエやFFのボウケンゲームでも、

全滅はつらくて、持っていたお金が半分になっちゃうけれど

得た経験値はなくならない。

自分で歩いて、苦労すれば、どんな結果でも

経験値として残るし、それは誰にも盗られない

財産ですよね~!


お金で手に入らないものを大事にしたいです。






それでは!!
********************
ときどき押して頂けると、うれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
関連記事

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hydrangea1111.blog.fc2.com/tb.php/108-881be630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)