旧 ゆたかにすっきり暮らす

最新記事

こんまり流読んで、ときめき判断。洋服断捨離しました  



先日、この記事  「断捨離が進まな~い!なので買いました。 」 に書いたのですが、こんまり流の本3冊、一気に買いました。

1冊目は、図書館で借りて読んでいたので、まず、こちらを読みました。



1106公園2


◆ 片づけの魔法2 のポイント

なんといっても、「ときめく」という言葉の定義を補足してるところじゃないかな、と思いました。

1のP.62-63にこう書いてあります。

モノを残すか捨てるか見極めるときも、「持っていて幸せかどうか」、つまり、「持っていて心がときめくかどうか」を基準にするべきなのです。


ここでは、「ときめく」の詳しい説明がされてません。

でも、2のP.28-29 では、こう書いてます。

ときめくというのは、「うっとりする」とか「かわいい」とか「ワクワクする」というわかりやすい魅力だけではありません。素朴なデザインに「安心する」とか、機能が豊富で「便利」とか、なんとなく「しっくりくる」とか、生活していくうえで「役に立ってくれている」というのも、「りっぱなときめき」なのです。



◆ 止まっていた洋服に着手

洋服断捨離第一弾は終わってます。 → 断捨離続き~洋服何着持ってるかを数えてみた~

ここから約2ヶ月。進まないながらも他のものを断捨離してましたが、どうにも洋服が

片付かないのが気になって気になって。今度こそすっきりするぞ!とこんまり3冊買ったわけです。

やっぱり本を読んでモチベーション上げるのって効果ありますね!!


ようふくやま ようふくのやま


そして、2ヶ月前と今の服の数の変化は、、、

無題100は切れず



服を見て、さわって、これからも持っていたいかどうか、感じてみました。

数字的にはどうかな、まだ多いかなとは思います。

でも、今、ひとつの場所に全部洋服を集めることができています。(以前は何カ所にも服が点在してました)

そして引き出しの中もスッキリしています。

何より、今自分がどんな洋服を持っているのか、が把握できています。


きっと自分がこうしたい、というのは前からわかっていたのだと思います。

でも、洋服にまつわる過去とか、思いとか、そういう目に見えないものが

自分の奥底に溜まっていて、それを払拭するには時間がかかるっていうことなのかなと。


片付けの魔法2 の最後にこんな殺し文句がありました。

片づけは過去の自分を否定することではなく、今の自分を認めてあげるためにこそ、するべきなのだと思います。


なるほど、こんまり流が人気なのがわかった気がします。



にほんブログ村 トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけへ  こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ  断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村 トラコミュ 片付けて プチストレスをなくしていくへ  片付けて プチストレスをなくしていく

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
関連記事

category: 断捨離

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hydrangea1111.blog.fc2.com/tb.php/148-8d9fd312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)