旧 ゆたかにすっきり暮らす

最新記事

何にもつながらない時間を持ちたいな  



何かをしているわけじゃないのに、時間が過ぎていくっていう感覚。

家事。テレビ。パソコンに向かってネットをあれこれ。買い物。

こんなんでも一日があっという間に過ぎていってしまうんですよ。


14963796021_fcc503188b.jpg

Toshihiro Gamo


「この時間をみんなお金を出して買うのね」


これは、「ハチミツとクローバー」というマンガの中のセリフです。思いかけず乗り込んでしまった北海道行きの寝台特急カシオペアの中で、リカが言った台詞です。

長い長い、東京から北海道までの道のり。ネットも何もつながらない、仕事道具も何も持って来ていない状況で、ぼおっとするしかやることがない時間。そういう時間を得るために、ひとはお金を払うのね、という意味かな。

学生のころ、勉強するのにファミレスとかドーナツ屋さんとか、図書館とか、そういう所に好んで行ってたような気がします。今と違って、家にネットも携帯もないのに、それでも家にいるといろんな誘惑(テレビとかラジオとか、ファミコンとか)に負けてしまう自分がいて、外に出れば、そういうことから強制的に離れられたんですよね。

今だと、スタバに行くと、学生さんたちが大勢、勉強道具を抱えてコーヒーひとつでずっと居座っていて、むかしも今も基本は変わらないんだなあって思います。

でも、今の学生さんたちは、スマホという小さいパソコンが手の中にあって、例え外に出たとしても、それがつながっている限り、何かにつながっていないひとりの時間というのが持てないんじゃないかと思うんです。

誰ともつながらない、つながれない時間ってすごく大切で貴重で。そういう時間を持っているからこそ、友達と飲んだりしゃべったりする時間が有難い。今、家にいてもネットでいつもどこかに誰かにつながっていて、本を読む時間を持つ前に、いつもパソコンの前でTwitterを見たり、自分のブログの反応を見たり、そういう時間で一日が終わってしまうのを感じて空しくなってしまいます。ネットを彷徨っていたらそれだけで時間がつぶれるし、時間泥棒でもあるように思います。

私のスマホはwifiでしかつなげなくて、家から一歩でると使えなくなってしまいます。今日、新幹線に乗ったのですが、スマホがつなげない状況にいてはじめて、本を読み始めるんです。

はじめに引用した、「この時間」というのが、こういう時間なんだ、と実感します。つながらない時間がないと本を読めないなんて、ほんとに情けない限りですが、、、こないだクローズアップ現代で取り上げていた、本を読まないひとが増えている、という現実はある意味、今の世の中が生み出した現象なのかなとも思います。

誰かとつながりたいって思い。Facebookでいいね!したり、ブログでクリックもらえたり、そういうことで自分が認められている、誰かとつながって生きてる感を得られるのは自分もそうです。

それでも。ひとりになることを恐れてはいけないなと自戒します。誰ともつながってない時間をどれだけ作り出せるか、私はその時間をできるだけ持ちたい。家族や友達を大切にしながらも、じぶんの時間を、誰にもじゃまされない時間を持っていきたい、と思うのです。

にほんブログ村 トラコミュ 小さな幸せへ
小さな幸せ

にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

にほんブログ村 トラコミュ シンプルライフへ
シンプルライフ


読んで頂きありがとうございました。

明日は相当寒くなるみたいですね。風邪などひかれませんように、、、


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hydrangea1111.blog.fc2.com/tb.php/192-b7da16f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)