旧 ゆたかにすっきり暮らす

最新記事

断捨離リバウンド?捨てるものじゃなくて残すものに焦点を  



友人が、断捨離していろんなもの捨てたらしいのですが、結局買い直したから断捨離はだめだ、と言います。

もう1人の友人は、私が断捨離してると聞いて、芸能人の○○も断捨離したけど後悔してるらしいよ、と言います。

断捨離で後悔ってあるんですね。


14166144460_910315e826.jpg
anatsuno


私が断捨離を始めてから、数ヶ月経ちましたが、捨てたもので後悔したものってないんです。

あ、昨日、お掃除に使えたのになあ、、、と、割り箸少し取っておけばよかったかなとは思いましたが。

洋服もかばんも靴もたくさん捨てたし、子供の学校用具もお鍋も料理用具もかなりさよならしました。

でも、後悔してないから、私は断捨離がだめだなんて聞くとびっくりしちゃいます。


ダイエットのリバウンドみたいに、断捨離で1度モノを減らせても、また結局元通りになってしまうのはなぜなんでしょう。


私は今まで片づけをして、いったん部屋が綺麗になっても、また時間がなかったり、忙しさを理由にしてまたぐちゃぐちゃの部屋に元通りってことを繰り返してきました。

でも、モノを減らして、部屋にも収納にもスペースが生まれると、片づけそのものがラクだし、ラクだからすぐその場でやっちゃうおうと思えたり。

持っていて楽しくない洋服やモノがまだないかな~と更にモノを減らしたり。

その結果部屋がぐちゃぐちゃにならずに済んでいます。


断捨離がリバウンドするかしないか、その差は何だろうと考えてみたのですが、たぶん、捨てるモノじゃなくて残すモノに気持ちを移す、というか焦点を当てることがカギなんじゃないかなと。

こんまり流で言えば、「ときめく」かどうかをきちんと感じることが大切なんだと思うのです。

どんなモノを周りに置いておきたくて、それを毎日いかに楽しく使っていくか。安い高いじゃなくて、もったいないもったいなくないじゃなくて、毎日の生活が気持ちがいいなぁと思う状態にいることが大事なんだと思います。


モノを捨てる、絶つ、離れることだけに気持ちが向かってばかりいると、「そのあと」が楽しくないのかもしれません。

究極のミニマリストになるならまた違うのでしょうが、肝は「何を持つか」。私の友人も、捨てるだけで終わってしまったのでまた買い直して結局元の木阿弥、断捨離はだめ、という結論になっちゃったのかな。

こんまり流の、「ときめく」ものを残す、は初め読んだとき、なんじゃそれって思っちゃいましたが、ようやく、その本当の意味、威力をひしひしと感じている今日この頃です。


にほんブログ村 トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけへ
こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村 トラコミュ 片付けて プチストレスをなくしていくへ
片付けて プチストレスをなくしていく



読んでいただきありがとうございました。

風が強いのは、洗濯物が乾くという点でだけ、スキです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

category: 断捨離

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hydrangea1111.blog.fc2.com/tb.php/221-1cec1bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)