旧 ゆたかにすっきり暮らす

最新記事

洗剤洗剤洗剤 何を使う?  



家事のいろいろを考えてたら、洗剤に行き着きました。

おうちの中にいろんな洗剤やらシャンプーやらあふれてませんか。

うちもたっくさんあります。


夏場は使わないできたけれど、冬になってからの台所洗剤は、

数ヶ月前に銀行の景品でもらったふつうの洗剤(色は緑)。

洗濯用は、粉のふつうのもの。両方とも合成洗剤。

台所洗剤を、むかし買った無印の透明な容器に入れ替えたんですが、どうにもこうにも

緑の色が目にぴかぴかきちゃいました。

使い切るまで使おうとガマンしてたんですが、なんか限界きました。


他のかたのブログを拝見してると、台所と洗濯と手洗い用の洗剤を

いっしょのものを使ってるという方がちらほら。

それいいですよね!!洗剤の種類は少ないのがいちばん。

それから、成分にもこだわってみます。

界面活性剤が入っていないせっけんタイプを選びたいなと。



2146502503_63b878802d.jpg
photo by Benita



私の気になる候補を挙げてみます。

【 その1 】



PAX NATURON

他のかたのブログで知りました。

洗濯用とうたっています。日本製なんですね。ロゴがステキなので外国製かと思いました。

<成分>純石けん分(40% 脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム)

<価格>Amazonで1L、754円





【 その2 】

192354_xl.jpg

台所用せっけん

生協の店舗にあります。

<成分>純石けん分(脂肪酸カリウム)、金属封鎖剤(エデト酸塩)

<価格>500ml、159円





【 その3 】

ZZ102.jpg

石けん百貨 液体石けん

こちらもどなたかのブログで知りました。

<成分>純石けん分(28%、脂肪酸カリウム)、グリセリン

<価格>800ml、422円


三つを比べてみると、成分で言えば、生協の洗剤にはエデト酸塩が入ってます。

無添加の石けんを使うと、水の中にあるミネラルなどの金属が化学反応を起こして

有色の石けんかすになってしまい、洗濯物が黄ばんだりする理由になるらしいです。

そこで、金属封鎖剤の一つであるエデト酸塩が使われることが多いみたいです。

が、皮膚への刺激や発疹、ぜんそくを持つ方の症状が悪化するケースもあり、

また、エデト酸塩の配合された石けんで洗った部分が、赤くなることもあるらしいです。


いやはや、石けんのことを調べだしたら、言葉も難しいし、ほんと奥深い。。。


値段の面で言えば、生協、石けん百貨、PAX NATURON の順ですね。

値段も大事。毎日のことだから、成分も値段も気になります。


とりあえず、すぐ手に入ることと、値段の安さから、まず生協の台所せっけんを買ってきました。

色は透明、においはしません。

台所洗剤として使ってみたところ、合成洗剤のように洗い上がりがつるつる

ではないものの、しっかり泡立つし、使い心地は悪くないです。

無印の容器に入れても透明だから、目にもやさしいし。


しかしつくづく、アノ合成洗剤のつるつる感はすごいですね!!

ほんとに。。


これを、手洗い、洗濯にも使っていこうと思います。

しかし、洗剤選択、まだまだ時間がかかりそうです。



にほんブログ村 トラコミュ そうじ・洗濯のコツ~きれい大好きへ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

にほんブログ村 トラコミュ 石けん・石鹸・せっけんへ
石けん・石鹸・せっけん

にほんブログ村 トラコミュ *日々の暮らし手帖へ
*日々の暮らし手帖



読んでいただきありがとうございました。

今日はひな祭りですね。ちらし寿司作りますか♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

category: 家事

tb: 0   cm: 2

コメント

はじめまして♡

私は、台所洗剤も手作りの固形石鹸ですよ〜。手荒れも無くなるので、体に優しいのはすぐ分かります!
それに、洗い上がりがびっくりする程キュッキュします。特にブラスチックのお弁当箱!
洗い方にコツが要りますが、オススメですよ。

URL | まがちん #-
2015/03/03 22:58 | edit

Re: はじめまして♡

まがちんさん、こんにちは!!
コメント嬉しいわ♪

やはり手作り石けんは台所でも大活躍ですね!
私は合成洗剤でも手荒れしないので、その優しい感じは
なかなか実感できないかもしれないのですが、是非是非
洗い方のコツを教えてくださいね!
よろしくお願いいたします。

あじさい

URL | あじさい #-
2015/03/04 17:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hydrangea1111.blog.fc2.com/tb.php/236-48295c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)