旧 ゆたかにすっきり暮らす

最新記事

片づけでするべきことはたった2つ。だけど  



今週はまだ捨てていなかった不燃ごみを出せました!!

先月日にちを間違えて出せなかったのが、園芸用コンテナ6つ。

ずっと前に枯れていたのに放置していたでっかい植木鉢も

中の土を出して処分しました。。他にもたくさん計ごみ袋5つ。



不燃は1ヶ月に1回のみなので、忘れちゃうとそのあと1ヶ月

温めておかないといけないのが難ですねぇ。



もうこれは要らない!と決めて、心の外へ出せたとしても

それを物理的に家の外に出すのはまた違う労力というかよっこらしょ、と

というか、なかなかタイヘンです。



6960569452_a97fb6755a_z (1)
photo by Brad Dowdy



こないだ、たまたま見たテレビにこんまりさんが映っていて、なんとアメリカでも

同じように、ときめく魔法をかけてました。

ときめき → sparkjoy というらしい。



そういう感覚というか感触は国籍関係ないんですね。

やっぱり彼女の考え方はおもしろいから、本を引っ張り出してきては

ちまちま読んでます。



読むたびごとに、自分の気持ちにも変化があったりして、それまでは

スルーしてたことばがアタマにすんなり入ってきたり、

片づけ段階によってもひっかかる部分が違うのかもしれません。



で、2日くらいまえにひっかかったというか、ええええ、そんなカンタンなこと

なの~~~?と思った箇所を紹介します。



ときめくモノを残し、ときめかないモノを捨てる。そして残すと決めたすべての持ちモノの定位置を決め、使ったあとは必ず定位置に戻す。片づけでやるべきことはこの二つだけです。
                                              「人生がときめく片づけの魔法 2」  P.4




そうか。

残すモノを決める。そのモノの置き場所を決める。戻す。繰り返す。

以上。



確かにそうかもしれない。二つだけ。

うん。二つ。いや、二つだけなんだけれど、、、



なぜにこうまで片づけというのは時間と労力がかかるんでしょう、、、

シンプルに考えればやることは決まっている。のに。

でもね、全部ハードル高いんですよ、、、

まず、残すものを選ぶところでつまづく。

そして捨てるぞ!と思っても不燃とか可燃とか粗大とか資源とか

「捨てる」行為の煩雑さ、面倒くささ、ハンパありません、、、



よし!捨てたぞ!となっても、ここから定位置を決めていくのも

一朝一夕ではできなくて。いつまでも仮収納みたいな。



時間をかけて溜め込んだモノにさよならするのは

それだけ時間もかかるし、気持ちも身体もエネルギーが必要ということなんですよね。

周りに置きたいモノを精査して、どこに置くか決めていく過程で

いやがおうでも自分の考え方を突き詰めないといけないわけで。



片づけは必ず終わる、というこんまりさんのことばを気持ちのバネにして

捨てる作業に勤しみたいと思います。春ですし。



にほんブログ村 トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけへ
こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

にほんブログ村 トラコミュ 捨てる。へ
捨てる。

にほんブログ村 トラコミュ 掃除・片付けのコツへ
掃除・片付けのコツ




読んでいただきありがとうございました。

近くの公園の桜が一部五分咲きくらいになってました。今週末気の早いお花見もいいかも。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

category: 断捨離

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret